撮影:喜多直人

【おしらせ】TANeFUNeが瀬戸内海へ!!!


TANeFUNe瀬戸内海へ行く!!!

撮影:喜多直人

撮影:喜多直人

9月末をもってTANeFUNeが瀬戸内海へ移動しました。
ご報告が遅れて申し訳ありませんでした。

TANeFUNeの父アーティスト日比野克彦さんの瀬戸内芸術祭秋会期における出展作品のひとつとして、香川県の三豊市は塩飽(しわく)諸島の一つ粟島(あわしま)に元気に停泊しております。
色も塗り替えまるで昔から瀬戸内海にいたかのように佇んでいます。

撮影:喜多直人

撮影:喜多直人

会期中の9月28日(土)から11月4日(月)までは粟島で乗船体験をしております。
船長は2代目の喜多直人。
今回喜多直人はTANeFUNe船長であると同時に自身もアーティストとして芸術祭に参加しております。また2012年にTANeFUNeクルーとして乗船してくれていた菊地良太も作家として参加。
日比野克彦の他の展示と合わせてどちらの作品も粟島でみることができます(※菊地さんといくつかの作品は有料)。
また、舞鶴での造船から航海までお世話になったTANeFUNe初代TANeFUNe船長の五十嵐靖晃も<そらあみ>で芸術祭の主要作家として参加しています。TANeFUNeにかかった魚網<種衣(たねごろも)>を彷彿とさせる美しい網を島から島へとめぐらしているそうです。

みなさん、お時間ありましたら!!
粟島の他の作家の作品もすばらしいのでぜひ足を運んでみてください。
フェリーが行き来していますしふらっと日帰りもできます。
会期中は喜多船長が常駐して、種衣も新しい網に替えるべくのんびり編み直しています。
粟島に来た際の想い出として編んで行ってもらえればうれしいです。

****
作品No. aw02

種は船プロジェクト

陸とつながる海底を想像して地球を想う

《種は船プロジェクト》は、種は「人やもの、地域をつなぐ“船”のよう」という発想で造船された「TANeFUNe」で粟島の海岸線を調査する。

TANeFUNe運行イベント
催行日
秋会期中毎日(不定休)
時間
9:40-16:30の間、不定期に運行します。
※1回の運行時間は15分程度
集合場所
粟島海洋記念館前桟橋
料金
無料
備考
足元が濡れますので参加希望の方は濡れてもよい服装でお越しください。
風や波など、天候により欠航の場合があります。
参加希望の方は粟島海洋記念館前桟橋までお越しください。

作品情報

作品情報 粟島・粟島中心部
開館時間 9:40-16:30
休 業 日 会期中無休
料  金 無料

瀬戸内芸術祭のTANeFUNe情報はこちら

<その他の瀬戸内芸術祭情報>
・日比野克彦の情報はこちら

・喜多直人(TANeFUNe2代目船長)の情報はこちら

・菊地良太(元TANeFUNeクルー)の情報はこちら

・五十嵐靖晃(TANeFUNe初代船長)の情報はこちら

※粟島の素敵カフェ「あわろは食堂」さん(金土日のみ営業)には日比野さんのTANeFUNeとその仲間たちの物語が壁画になってます!!

撮影:喜多直人

撮影:喜多直人

撮影:喜多直人

撮影:喜多直人

撮影:喜多直人

撮影:喜多直人

豊平豪(一般社団法人torindo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Optionally add an image (JPEG only)